« 市情報教育部研修会 | トップページ | 竹原さん@ »

2004.08.05

県教研社会科夏季研究大会

今日はタイトルの研究大会が浜松で開催される。地元開催なので7:50に集合。午前中は全体会。その後,分科会。全体会の後の分科会は,3・4年部会に参加。授業でどこまで力を養うか,その力を一般化する必要があるかで議論になりかけたが,事なかれでまとめたがる悪い癖が出て中途半端。特化して学習し,突き詰め思考し理解することは重要であるが,一方で,他の面もあること,立場や環境が変われば同様のことが言えないことをきっちりと押さえることも大切。それを一般化というのかどうかという点について議論にならないのはいかがなものか。提案者サイドのこれだけ調べたのだから全てにいえるという一般化についてはこれまた問題。こういう学習がステレオタイプを育てるのかと妙に納得した。午後は,小西先生(鳴門教育大)の講演。中座。そういえば,昨日情報教育部の研修会を行ったのであるが,その前日,浜松へ村川先生を呼んで講演をしていたことを知り驚いた。

|

« 市情報教育部研修会 | トップページ | 竹原さん@ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市情報教育部研修会 | トップページ | 竹原さん@ »