« 2004.10.28 | トップページ | 2004.10.31 »

2004.10.30

事前授業研

次回1年生の国語科の授業研究の指導案事前検討会を放課後行った。授業者の先生は,子供をつかむために教具を工夫したりして頑張っている。しかし,いざ指導案を拝見すると,やはり形式的に流れているだけの指導案のように思う。この授業でどんな力をつけようとしているのかよく見えない。「何をどのような方法で,どの程度まで」行うのかが目標で見えないといけないと思う。どのような方法でと言う部分が,IT活用になるだろうし,支援の手立てになるであろう。また,どの程度までと言う部分が,評価の方法になると思う。前研修主任からは相変わらずかなりきつい言葉であったが,それだけでは先へ進まない。進むべき道を「ぼんやり」示すことも大事かな。検討会の後,授業者の指導案の流れに沿って,少し意見。ヒントになればよいが・・・
今日は,ほとんどひとり学びの授業。社会科では,三方原開拓の調べ学習の最終回。次回でまとめ,コース別に発表会の予定。総合は,国語科と関連付けて,発表会にむけての準備。2分の一成人式で自分の夢を発表しようとしている子。夏休みの自由研究をまとめなおし発表しようとしている子。4年生が取り組んでいる飼育活動やダッシュ村のことを発表しようとしている子など様々。次回参観会で学級発表会を行い代表3名を選出してプレコンに応募する予定。
2004.10.28.JPG

|

« 2004.10.28 | トップページ | 2004.10.31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2004.10.28 | トップページ | 2004.10.31 »