« 2004年10月3日 - 2004年10月9日 | トップページ | 2004年10月17日 - 2004年10月23日 »

2004.10.16

最近(?)読んだ本

夏以降読んだ本を記録。
「一冊の手帳で夢は必ずかなう」−なりたい自分になるシンプルな方法−熊谷正寿
スケジュール管理やメモとしての機能にしか目を向けていなかった手帳。自分の方向性や夢への道筋を見失わないための手帳としての機能に目からうろこのような感じ。未来年表の作成。ToDoリストの作成。目標の数値化。情報整理の三種の神器「手帳」「パソコン」「A4ファイル」。時間創造術。等々
「失敗に負けない子」に育てる本−アドラー博士が教える−星一郎
失敗は悪いものではなく大切な体験に共感。小さな失敗を元にいかに子供を伸ばすか。いい子よりも対処能力のある子を。中には?というところもあったけどなんか裏づけを得たような感じ。しかし人はそれぞれ違うからその対処の窓口をいかにたくさん持っているかがやはり大事だろう。
「いい質問は,人を動かす」−「質問力」を高める56の具体例−中谷彰宏
中谷氏の書籍は本屋に寄った時に新刊が出ているとつい買ってくるくらいによく読むが,この本は,発問力に通じると感じた。コミュニケーションの一番の基本は質問。どのように答えるのかではなく,どのように聞くか。何回か再読するほどに発問に通じるなと改めて思う。
「仕事は段取り八分で決まる!」−どんな現場でも仕事上手の鉄則−守谷雄司
当たり前のことを当たり前に書かれている本だけど,内容を要所要所で図示したりリストにしたりとビジュアルにまとめてあることにひかれて購入。少し時間ができたときにぱらぱらと眺めている。まだじっくり読んでない(^^;;
「学力再生」蔭山英男(再読)
とかく旧来からの学力観の象徴のようにとらえられがちな蔭山先生が,そのことに危惧して書かれた本。体験的な学習・パソコンを利用した学習・教科を横断して考え深める学習・国際理解等々総合的な学習の時間での先生の取り組んでこられたことなどを紹介。
「メディアとのつきあい方学習」堀田龍也
言わずもがなの堀田先生の本。2005年の先,何をどうすればよいのか。ある意味,情報教育はこのままでは歪んで伝わっていってしまうかもしれない。そうならないためにも,子供たちに本来,何を伝え,何を育てなくてはいけないのかを改めて示唆する。これからの方向性を考える時には傍に置きたい一冊であることは間違いない。
「アイデアが止まらなくなる50の方法」中谷彰宏
アイデアはゆですぎると美味しくない。確かに。しっかり固まってから披露しようとすると,そのアイデアは味気ないものにしかならない。固まっていないうち,ゴールがぼんやりしているくらいがちょうどいいのかもしれない。中谷氏の本は,ちょっとした隙間時間に読むのにちょうどいい。これもビジネス書としての位置を確立するための戦略。こういうところも参考になる。
「池上彰の情報力」池上彰
NHK「週刊こどもニュース」キャスターの池上氏。自分なりに咀嚼し自分の頭の中で「想定問答」。まさしく授業力アップへの道のりと同じか。まねをするのではなく,盗む。その意味が新任者の頃はなかなか理解できなかったが,自分のものにし,自分の色で語ることができるようにならなければ,相手に通じるものにはなかなかならない。その壁に突き当たってはじめて知るという感じだが,そのときまでに,このような本に出会っているかどうかが問題かな。

| | コメント (0)

都田のお祭り

この土日は都田地域のお祭り。子供たちはとても楽しみにしていた。職員も全員顔を出すようにとのこと(泣き)。まぁ学校では見せない子供たちの顔を見ることができるので,児童理解には大変参考にはなるけど・・・。
都田地域にとっては,須倍神社の大祭は地域を上げてのお祭り,神社の由来からしても当然のことだが,地域の人たち皆が楽しみにしているのがよく伝わってくる。卒業生たちにも大勢会えた。やっぱダッシュ村を始めた面々が一番よってくるかも。

| | コメント (0)

会議

木曜午後,就学指導委員会。毎月の職員会議でも対象児童等については報告しているのでなぜわざわざ改めて行うのか今一不明。少ない人数でまわしているだけに効率化はこういうところで図ってもらいたい。しかも単に報告だけではあまりその意味も感じられない。どう対処するか,学校が行うべきことは何かが問題。理解に時間がかかる子,約束事として理解させる必要がある子については単に担任に任せるのではなく,学校として,全体として共通の約束事を決めれる部分は決め,全体の中で理解させていく必要がある。その上で,問題行動として浮かび上がることは,単に担任の観察・意見としてではなく,多くの先生方の観察や意見として父兄に伝えることによって,家庭でも理解されることとなるのではないかと意見。こういう方向性は上が決め,全体化を図ることが大事なのでは?逆のような感じを受けた。しかし,金曜の集会の場で早速,全体に約束事を確認するあたりは柔軟な姿勢と言えるかもしれない。問題はどれだけ職員間で共通理解が図られ,同じ歩調で対処できるかだろう。

| | コメント (0)

2004.10.14

第16回校内研修

今日は3年生の授業研究とその事後研。そもそも展開が・・・めあてが・・・と言う話もあったが,少しは的を絞った話し合いができたのでは?若手の先生方の授業の場合,事前に指導案の検討をもう少ししたほうが良い。それによって教材研究も深まるであろう。活動と活動をつなぐ教師の投げかけが圧倒的に不足しているためにせっかくそれなりの活動を仕組んでいても深まりへとつながってこない。
校内研修会としては,やはり圧倒的に経験値が不足していると思う。いろいろな面で。事後研での深まりのある話し合いになかなかならないのも,見る視点ができていないことにその原因があるように思う。また,今回の授業ではIT活用はまったく意味不明であったがそこに気づかないと言うか,そこを指摘する話しが出てこないのは,いかに普段使っていないかということなのでは?大問題。
事後研に続いて,次回の5年生理科の授業案検討会。

| | コメント (0)

2004.10.11

レポート

〆切に一日遅れてしまい何とか提出。しかし,その内容は・・・・課題の意図とはかなりずれている感じ。勤務校の場合というかこの地域の場合,はっきり言って意識が低すぎ。何のための時間なのか,それが設置されている意図がどこにあるのかといったことをあまり考えているとは思えない。勤務校でも,その時間のねらいや育てたい資質,教育目標との関連。各教科との関連等に関するビジョンはまるで無い。担当でもないが,待っていても出てきそうもないので,私が作るか!でもそうするとかなり経営にも踏み込むことになるが・・・・。年度途中だが,今年の台風にあやかって少し波風を立ててみるか・・・

熱い核ができていないことがかなりの問題か。スタート時に出すぎた杭になる覚悟がある人のみをもっと大切にすれば違っていたか・・・もう一度最初からと言うのはかなりしんどい。
来るものは拒まず,こちらからは求めずで,教育工学研究会でも立ち上げるか。

| | コメント (0)

2004.10.10

お祭り

昨日から町の神社のお祭り。昨日はあいにくの台風であったため,今日一日という感じだが,子供たちは楽しみなよう。そんな姿を見ていると,いくつになったんだって言いたくなるけど・・・。我が家は組長なのでアタフタアタフタという感じ。

| | コメント (0)

« 2004年10月3日 - 2004年10月9日 | トップページ | 2004年10月17日 - 2004年10月23日 »