« 2004年11月14日 - 2004年11月20日 | トップページ | 2004年11月28日 - 2004年12月4日 »

2004.11.27

中身のある形

今年の都田は八方美人過ぎる気がする。寄りかかるべき背骨がしっかりしていない状態で八方美人に全てに良い顔をしようとしすぎるきらいがある。しかし,そのことに肝心な面々が気づいていないことに問題がある。来年度の教育課程の作成がそろそろ始まるが,総合と研修の立案グループになっているので,先手を打って起案しちゃえっていう感じ。通ればまたまた行け行け都田か。通らなければそろそろ異動か。

| | コメント (0)

2004.11.26

なんだか

有志を誘って飲み会。以前,ゼミ終了後に少し話したそれぞれのメタ認知度について話。現在の浜松の現状と,メンバーについてどういう位置にいるのか,外から等,それぞれの場でどう見えているのか,どう意識したらよいのか等を話,どうして行くのが良いのか話すつもりであった。しかし,バタバタとしているばかりで会場も落ち着かず,話がずれまくりて,違う話でやたら盛り上がっている姿を見ていると気力が奪われていく感じだった。これなら家で仕事をしていた方が良かったと思わず発言。なんだかな〜〜〜って感じ。会場で,市内の教員とバッタリ。この前の情報教育部の研修会について感想を聞く。ゆがんだ見方と,視点の無さにガックリ。モチベーションの下がった一日だった。同じに見られるのが怖い。その気があれば次回を企画するだろう。

| | コメント (0)

2004.11.25

11.24 情報教育部研修会

浜松市情報教育部の第3回の研修会が午後から開催された。今回は,各自が実践したIT活用(特にデジタルカメラ)の実践について報告し,その中から浜松NO.1を選出しようと言う企画である。参加者60名ほどを7班に分け,まずは各自の2分プレゼンを聞き各班の代表を選出。その後,班のメンバーからの意見を参考に3分プレゼンに修正し各班の代表者によるプレゼン。その中から,NO.3までを選出した。NO.1になったのは小学校の図工科におけるデジタルカメラを利用した粘土の造形活動の実践。授業の中で子供たちに活動させる場合の課題を解決するためにデジタルカメラを利用したもの。他にも,デジタルカメラの利点を考え,それを利用できる実践を報告したものはあったが,授業実践と言うよりも教材作りや単に使って見た的なものが多かった。授業のねらいを達成する道具としての意識はほとんど無かった。問題は,そのことよりも,そういうことが問題であることに気づかないことにある。
翌日,執行部には苦言。

| | コメント (0)

2004.11.23

今日は久し振りに蟹を食べに・・・・(^¬^)ジュル...

蟹しゃぶ・焼きタラバ

美味しかった〜〜〜

満腹

| | コメント (0)

2004.11.21

「図解表現」の基本

前書きにあったコンセプトが気に入って購入。図解表現の意味や気をつけること・ポイントが項目的に書かれているので読むというよりは,普段は眺めていて必要な時に辞書のように引くと言う感じ。図解表現の場合,理論が実践の足かせになってはいけない。そのくらいに自由に自分の考えを図解表現することが大事。これまで何気なく使っていた表現が実は一般的には違う意味を示していたと言うこともあり参考になった。

| | コメント (0)

11.19

熊本県より学校視察。教育ソフトの紹介だった。熊本県の情報教育研究大会を控えての視察らしい。3時間目に授業を見ていただく。朝になって全員IT活用の授業をと言うことであったので少しバタバタしている先生がいた。私は総合の授業。これまでの活動を少し振り返り2月20日に向けて,取り上げる出来事を整理し計画を作り直すためのウェッビング。4時間目はクラスは自習にして校長室にて視察者との面談。一方的に話をするしかなかったがあれでよかったのか・・・・

| | コメント (0)

« 2004年11月14日 - 2004年11月20日 | トップページ | 2004年11月28日 - 2004年12月4日 »