« 2004年11月28日 - 2004年12月4日 | トップページ | 2004年12月12日 - 2004年12月18日 »

2004.12.11

あれもこれも

朝から成績処理。月曜には一覧提出。15日必着の某財団の研究助成に応募しようと思うが・・・・迷い。来年度研究ねたにしようと考えているものは大きく分けて3点。細かくすると4点かな。そのうちのひとつはこの前応募したけどもう少しつめて改めて別に応募するか。それとも3点のうちのひとつと考えているカリキュラム系のネタにするか・・・ん〜カリキュラム系かな,やっぱ。博物館ネタは,今年度取り組んでみて新たな課題も見えた気がしているので,その点をもう少し引き続き取り組んでみたい。これも基礎研究の部分になるとは思うのだけれど・・

| | コメント (0)

2004.12.10

来年度

個票が昨日配られた。今年度から異動希望に対しては,その理由を詳細に記載するように指導があった。要するに教員個々がどんなことに取り組みたいかを具体的に表明しろということだと思うが,それぞれの学校がどんなことに取り組んでいるのか,来年度の方針は?と言う事が公開されていない現状で,移動先でこんなことに取り組んでみたいとはなかなか書けないだろ!!もっと考えろよ!と言う感じ。って都田も来年度のことが今一見えないけど・・・・。そんな中,某財団の研究助成申請を書き上げてみる。来年度そういうことができるかまだわからんけど・・・。今日消印有効なので今から清書して郵便局へ走らなければ!!急げ!清書ができていない段階で推薦の判を押してくれた所属長。ん〜〜〜〜暗に来年度を示していると言えるほど計算しているのならばいいのだけれど・・・最近,少しずつ波を立て気味。
元吉よりポスターとプレゼンを記録したCD-ROMが届く。感謝!これを利用して来週の参観会はガツン!と行くか!
応募した研究助成課題は「教員間のデジタルデバイドを埋める校内IT環境システムの開発」。職場での研修は,オンザジョブトレーニングが原則であるが,まず操作を覚えてからとか,活用場面を知ってからという考え方があるため,機器操作の習熟度によって,授業等でのIT活用や,学校ホームページへの発信頻度に差が生じている。いつでもどこからでも利用できるネットワークの利点を生かし,IT機器をいつでもどこでも利用できる環境を校内に用意するとともに,ネットワークの活用を校務のひとつとしてシステム化することによって,IT機器やネットワークに触れざるを得ない状況を作り,校務や授業の実践の中から,ネットワークスキルや操作スキルを身につけるシステムを開発すると言うもの。都田でも,授業での活用頻度は80%台から10%以下までの格差がある。それをいかに縮めていくかが課題なのだが果たして結果はどうなるかな。

| | コメント (1)

2004.12.08

校内研修

2学期の実践報告プレゼン会。「見つけ・きたえ・伝え」の視点からのプレゼン大会であったが,成果をデータで示したりして,それなりにスライドをみんな作ってきていた。しかし,落としどころが示されず,評価シートの交換はあったが,質疑もなくみんな得るものはあったのだろうか。やりっぱなしのプレゼンの後,市教委からの来年度の指定研究への応募について職員の意見聴衆。研究会をするしないによってモチベーションが違う。自分の勉強になるからやってみたいという意見もあったが,意味の感じられない研究会ばかりで,余分な仕事と思うと意見もあった。市内の研究会を見ているだけでは同感であるが,それがそもそも停滞の原因とは思わないのだろうか。研修を推進しなくてはいけない立場がそれで良いのかという感じ。私は,市が言うところの基礎基本が何を指しているのかが不明確なままでは,手を上げることはできないと回答。市の意図を受けての研究指定でメリットがあるのならば別だろうが・・・。メディアとの付き合い方を柱にし,教師も学ぶメディアとの付き合い方とでもして推進でもすれば良いのに。その産物として,カリキュラムができればいいかな。

| | コメント (0)

2004.12.07

校内研修

明日は2学期の実践プレゼン。校内研修で,それぞれが自分の実践を報告するのであるが,その落としどころは?研修主任としての意図は?といったところが見えない。協議するが,そもそも無いようである。教務も交え,昨日の続きも含め協議。ただでさえ眠たいのに,八方美人的な発言では得るものは少なく眠くなるだけ。限られた時間を有益に使うことを考えて欲しい。研修もしかり。ただやればいいというものではないはず。スッテップアップの幅はたとえ少なくても着実にアップするためには,意図のある研修をデザインし積み重ねるしかないはずだが・・・事後研にしても,授業を見た感想も大事だが,限られた時間で取れ高を上げるためには,視点を絞った建設的な意見交換による協議しかないと思うのだが・・・・・

| | コメント (0)

12.6

久し振りに教務と放課後協議。お題は,何を中心にすえるかということ,市教委の指定研究に応募するかと言うこともにらんでの協議だと思うが,市の言うところの基礎基本とはなんぞや。ということが明確になっていない。メディアとの付き合い方を背骨に,しっかりとした力を育むために学習形態の系統性も考えた展開を図りたいな。
帰宅後,課題に取り組むもなかなかできず。29時布団に入る。

| | コメント (0)

2004.12.05

eCCプロジェクト課題

課題作成のためにもう一度提案された課題文を読み直す。どこの学校現場でも同じような問題は抱えていると思うが,なかなか空気を読みきれない部分があるので,どうやって接していくかがイメージしにくい。しかし,明日が期限。さてさて・・・・どのくらいのモチベーションなのか・・・・モチベーションとか他の要素に左右されないノウハウを洗い出すことが目的のひとつかもしれないけど・・・どんなケースにも通用するものもあるはずだとは思うが・・・まとまらない。

| | コメント (0)

« 2004年11月28日 - 2004年12月4日 | トップページ | 2004年12月12日 - 2004年12月18日 »