« 第1回 | トップページ | PTA懇親会 »

2005.04.21

別に使わなくてもって

浜松市は全国でも屈指のIT環境整備が進んでいると思う。ほぼ全ての教室がネットワークに接続され,全ての教員に教材提示用パソコンが支給されている。また全ての教員と全児童生徒がアドレスも持っている。このような環境整備の達成率はおそらく全国でもトップクラスだろう。教育用PCの1校あたりの平均設置台数は63.5台。PC1台あたりの児童生徒数は8.1人。高速インターネット接続率は97.0%。普通教室のLAN整備率は83.5%。まもなく国の目標値を達成できるところまで来ている。これは教育委員会の努力によるところが大きい。
しかし,一方で,授業でのIT活用や情報教育については,別に使わなくても良いとか。ITで行うよりも体験が大事と言うステレオタイプな意見も多く聞かれる。特に学校現場においては,ITの利用や情報教育については一部好きな教員が行っているだけで,その必要性や国の施策についての理解が十分になされていない傾向があるように思える。そのため,管理職等から,別に使わなくても良いというような意見が出され,税金で支給されている機器も十分に利用されていない面が見られる。勤務校でも,教材提示用に支給されているPCが,職員室の机上で,校務の処理用に利用されているだけで,教室にもって行かれていないことを見てもその傾向が強いように思う。ちなみに浜松市は,PCを活用して授業ができる教員の割合は78.9%と言う事になっているが本当だろうか?小学校にいたっては,84.3%と言う事になっているが・・・・本当だろうか????

|

« 第1回 | トップページ | PTA懇親会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21050/3798244

この記事へのトラックバック一覧です: 別に使わなくてもって:

« 第1回 | トップページ | PTA懇親会 »