« ブログ | トップページ | ディスカッション »

2005.05.10

生徒指導研修会

第1回の生徒指導研修会があった。生徒指導主任としては,情報教育部の研修会と重ならない限りは出ないと・・・。今回は,携帯インターネットの危険性と学校・家庭・地域がなすべき事といったテーマで,下田さん(ねちずん村)の講演を中心に,市内小中学校の生徒指導主任と市P連の方を交えて,グループ協議。指導課からは,市内の携帯普及率と起こっている問題行動について報告があった。グループ協議の報告や学校側の意見として,多く聞かれたのが,携帯を持たさないようにしているとか,禁止していると言った,・・・してはいけない と言う意見が多かったように思う。時には,下手に指導すると,それまで知らなかった子供たちを,起こしてしまう事になり,興味を引いてしまうという意見もあった。それについては,下田さんから,その認識は間違っていると指摘。私もそう思う。社会の大人として,子供たちを守ると言う視点から,有害情報や様々なネット上(そういったネット上だけの問題に限らないが)のトラブルから,子供たちを守るために,BBSを止めたり,フィルタリングをしたりと言った,対処療法的な対応をしなくてはいけないケースもある。しかし,教育に携わるもの,教員と言う子供たちを教え育てる責任のある立場と言う視点からすると,子供たちが,間違った認識や,有害な情報に触れる前に,正しい知識と対応の仕方をきちんと指導し教える責任があると思う。それをダメダメで済ましていくのは,逃げているとしか私には写らない。
インターネットは,最近になって急速に普及拡大してるように写っているので,余計に光の部分よりも影の部分が強調されているきらいはあるように思うが,それは,インターネットの世界に限らず,リアルな普通の生活の世界でも,光の部分もあれば,影の部分もあるのである。ようは,インターネットや携帯が,悪いと言う事はまったくと言ってよいほど無いのである。悪くするのも,よくするのも,「人」でしかない。そして,その「人」を育てるのは,教育なのだ。その事から目を背けてはいけない。

|

« ブログ | トップページ | ディスカッション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21050/4087390

この記事へのトラックバック一覧です: 生徒指導研修会:

« ブログ | トップページ | ディスカッション »