« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.30

2005.6.29

昨日から脇腹が痛かったけど,前に比べて少し痛みが違うような気がしたので,午後から休みをもらって医者へ。レントゲンを2枚。月曜日に聖隷でCT検査することに。CTは初体験。なんていっている場合かな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.28

2005.6.28

1時間目;4年生算数だが,交流授業で4年生はとなりの学校へ行っているため空き時間。貴重な時間だったが,午後の出張準備で終わる。2時間目;2年生研究授業(校内研)。学級活動で「たった一つのいのち」。授業開始早々に「先生にはふたつのいのちがある」との子供のつぶやき。本時のねらいに迫ることができる「つぶやき」だっただけに,拾いたかった。肝心の発問が少々軽く行きすぎたためか,子供の心へうったえるものが少し弱かったかも。本時は,元気に授業に参加するというよりは,落ち着いた雰囲気の中で,じんわりと心に働きかける方が良かったかも。3時間目;5年算数(少人数)。台形・平行四辺形・ひし形のそれぞれの特徴と性質について,フラッシュコンテンツを利用して確認。4時間目;6年社会。かなり遅れているので駆け足でするつもりが,サイパン慰霊の報道に関連して,天皇の力と国を支配すると言う事を,聖武天皇と行基。徳川家康と安堵状の関係を例に話す。
午後は,6部会生徒指導主任連絡会。小学校7校。中学校3校が集まり情報交換。中学ではなかなか難しい問題も表面化しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.6.27

3年算数(少人数):長さの第1時。子供たちに測ってみたいものを出させた後,巻尺をもったりロープを持ったりさせ思いっきり体験的な活動をさせる。次時には,測ってきた数値を発表し合い,そこから長さの学習に入って行きたい。使える知識にするためにも,十分な体験や経験が大事だと思う。4年生は交流授業で隣接小学校へ今週は出かけているので空き時間に。5年算数(少人数):四角形。三角定規や線引きを使って,用紙に四角形をデザイン。その後,NHKのクリップを使って「あるもの」「ないもの」探し。3年社会:市の様子を調べる課題について,調べ方と調べる時に気をつけることを確認。5年総合:都田ダッシュ村へでかけ,草取りと稲の根元を掻く。長靴を履いて入ろうとしたり,長靴である事を理由に田んぼに入ろうとしない子が多かったので,越権かなと思ったけど,はだしで入ることを勧める。都田ダッシュ村での活動を意味のある学習にしていくためにも,十分に土に親しむことも必要。その体験の量が本活動の厚みを作っていると思う。放課後,明日の研究授業者の利用するコンテンツについて準備。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.24

2005.6.23

6年社会:テスト。3年算数:テスト。5年算数:テスト。4年算数(少人数):わり算の筆算。放課後:研修。2年生道徳授業の事前検討会。模擬授業を通して指導案検討。やや道徳の授業的ではない展開なことを指摘されていたが,私的には生命尊重の授業で,授業者が妊娠していると言うのであるから,もっと授業者自身が,子供を授かった喜びをストレートに子供たちにぶつけても良いと思った。よかったねと言う喜びを子供たちと共有できるようにする事が,自分の親もきっとそうなんだと言う気持ちを芽生えさせると思う。だからみんなで先生の赤ちゃんを大事にしようと言うような心の声を生むこともできると思う。2年生段階では,そういう気持ちを養う事が大事ではないかなと思う。それがその先,他の家でもきっとそうなんだ。命のある物は大切にしなくてはというような気持ちを育むことに繋がるのではないかなと思う。2年生段階では,自分の親の気持ち,家族の願いと言ったものに気づく事を通して,命って大事なんだと言う気持ちにさせる事が大事なのではないかな。それが十分にないと,自分以外のものも同様にとはなかなか行かないような気がする。
勤務時間終了後,保護者宅へ。動作のおかしくなったと言うPCを見せてもらう。コンパネを開こうとすると,スクリプトエラー。対処がわからなかったけど,どうも怪しいので,購入先の家電屋へ持ち込むことを進める。早速もっていったところ,スパイウエアに感染していたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.22

2005.6.22

4年生算数はテスト。6年生社会:テスト前に読み直すところとは?3年生算数(少人数):たし算とひき算の暗算。5年算数(少人数):小数の掛け算練習。昼休みに文男先生より助成応募の相談。少し探してみる事に。放課後職員会議。今回は協議事項を絞ったのだが少し時間オーバー。その後,校長室へ呼ばれ禁煙の進め。私にとっては楽しみな嗜好であり,気分転換であり,沈思黙考したり,考えをまとめたり,アイデアを練る時の必需品。止めるか続けるかは個人の問題で私はその気なし。勤務規則について少し検索。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.21

2005.6.21

1時間目:4年算数(少人数);分数の練習問題。2時間目:3年算数(少人数);お財布にいくら残る?(引き算)。模擬硬貨を利用して買い物ごっこ。模擬体験を通して,3桁の引き算。その後,練習問題。3時間目:5年算数(少人数);少数のかけざん練習問題。4時間目:6年社会;行基の役割と聖武天皇の意図。5時間目;5年理科:金曜日の天気を予想しよう。これまでの観察や収集した天気図を下に金曜日の天気を予想。さてあたるかな?
放課後,中学校区生徒指導連絡会。校区には表立った問題行動は見られないが,今後も情報を共有しあいながら対処できるような体制を作っていくことを確認。卒業生の中学校での様子も伺った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松市教育ネットワーク推進協議会学習利用研究部会

タイトルの研究部会がやっと立ち上がった。大角指導主事@指導課とその必要性を語り動き出してから立ち上げまで2年かかったけど,指導課・総務課・センター・指導員・市情報教育部が同じテーブルについて協議できる場ができたことの意味は大きいように思う。それぞれの課が抱える問題点や現場の声を共有しつつ,いかにして全体を動かしていくか,支援していくかと言う目標に向かって,やらざるを得ないシステムを構築していきたい。その第一歩が,現在導入されている機器を見直し,予算を見直し,やっているところには厚く,やっていないところからは引き上げると言う流れを作ること。MLでも活発に意見交換できることを期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.6.20

3年社会はテスト。3年算数・4年算数はそれぞれ練習問題。5時間目,小柳先生@奈良教育大をお迎えし総合の授業を見ていただく。やはり予想通り難しかったようだ。子供たちを見ていると,都田ダッシュ村そのものへの思い入れが薄くなっているように思う。こんなものを作りたい。こんなことをしたいというところにとどまっている。都田ダッシュ村の取り組みは,都田地域の素材であり,都田の人々に近い話題を取り上げる事にもなるから,余計に単に体験活動・生産活動で終わってはいけないと思う。何のために,それをするのかと言う事をもっと意識させたい。米を作るのもよし。家を作るのもよし。問題はどうしてそれを作るのと問われた時に,嬉々として答えている姿にいかにするか。農業従事者を育てようとしているわけではないので,ダッシュ村での活動を通して,都田の現状や課題に接しさせると共に,これからの社会で生きていくのに必要な知識を受容するための経験値を上げていかなくては,都田ダッシュ村の活動はどんどん薄くなっていくように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.19

2005.6.19

相変わらず背中が痛い。昨日よりひどくなったみたい。
小柳先生に明日の授業についてプランを送る。本来ならば指導案でなくてはいけないのかもしれないけど・・・。今回,各学年の担任に,これまで曖昧なままになっていた学年の目標を改めて書いてもらった。その際,各学年の目標がほとんど同じで,一部の先生から,これではまずいのではないかと言う声が上がったのが収穫かな。本校の現状では,そんな段階なのです。そこで,今回の授業では,目的意識を持たせることに中心を置き,授業を通して担任に伝える事ができればなと思う。とすると,授業のねらいの対象は・・・・先生?
学校5日制に対する世論調査が大きく報じられている。これまでも何回かあったけど,その度に思うのは,なぜ5日制になったのかという点が落ちたまま報じられる事に問題を感じる。毎回,さも子供たちに自由な時間をみたいな感覚で始まったように報じられるが,そもそも5日制は,労働問題から始まった話で,しかも日本国内から始まった話ではなく,労働時間が長すぎると言う指摘を受けて検討が始まり,それを受けて文部省(当時)が様々な調査を経て始めたものであるはず。
一方からの見方や報道で考えを決めてはいけないが,そのような報道が多いのもこれからの世の中だろうし,それによって世論が作られていくのも怖い世の中。さて,そういった世の中で生きていかなくてはいけない,これからの子供たちは・・・私たちは・・・。常に考えて行きたい。
子供たちから,父の日ということで,ネクタイ。ありがと〜。
背中が直らないので,久し振りにアカスリ&マッサージ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.6.18

娘の通う市立高校の学校祭。実行委員と言う事もあり毎日夜遅くまで準備に熱が入っていた。祖母も見たいということで朝,高校へ送っていく。何かに熱中する事は大切な事。これと同じように,自分の将来の目標も速く具体的に持ってもらいたいな。
寝違えたのか,背中の筋が半端じゃなく痛い(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.18

2005.6.17

宿泊訓練の4・5年生が帰校。どの子も心地よい疲れと言った感じ。5年生のブログでは,携帯が上手く繋がらずアップができなかったようだ。残念。
4・5年生が留守だった分,空き時間を利用して学校ホームページの更新作業。各学年の総合的な学習の時間の学年目標が,ほとんど同じであったので,学年間の系統性が出るように各学年に例えばと言う事で,目標を提案。
月曜日の総合的な学習の時間について,授業の目的ははっきりしているのだが,それをどう流すのか思案。でも,なかなかいい案が浮かばない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.17

2005.6.16

雨の中,校区の古墳へ6年生と見学へ。そこは実践ナビでも利用されているコンテンツに取り上げた石室に入れる古墳。雨にびしょぬれになりながらも子供たちは興味津々のようだった。
DSC00336DSC00338

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.6.15

事務所長訪問と市教委学校教育部長訪問。バタバタと言う感じ。
夜は,組合の地域ネットワーク。一応分会長なので,学校に残り校区の子供たちの様子について話す。その後,金教頭先生@米沢の歓迎会に参加。リフレッシュ休暇を利用して堀田先生のshadowing。
思い起こせば私も知り合った年はどこへ行くにも着いていってえるものが大きかったな〜。
歓迎会に家を出ようとしたら,次女が息子ともめて家を飛び出す。近くを少し探したが見当たらず・・・。ちょっと気になりながら歓迎会へ。10時頃に帰宅したとの連絡。まったく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.14

2005.6.13

今日から滝沢小の子供たちが,都田小へ登校しての交流授業週間。昨年度も行っているので,顔なじみの子供たちが,はにかんでくれるのが嬉しい。3年算数・5年算数・3年社会を行う。他の授業は,宿泊訓練に向けての準備で急遽空き時間に。その時間を利用して,学校ホームページの作業を少し。しかし,肝心の各学年の授業等の様子が無いのが残念。1学期も半ばを過ぎているのに各学年の授業の様子がアップされないのはいかがなものか。外から見ると何をしているのか何も見えないという状況は,好ましくないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.13

2005.6.12

午前中,イーデンで周辺機器・ソフト購入。滝沢小の子供たちがいる間に,滝沢小学校周辺の地図を作成できるといいのだが・・・・時間が・・・。午後,久し振りにムーン。夜は,気づいたら床に倒れて寝ていた。そういえば,このところ布団で寝てないな〜(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.12

「調べ学習」のヒント

博物館 科学館からはじまる 「調べ学習」のヒント
講談社編
予想される子供たちの「調べ」に対する解答を,各地の博物館等が答えるという方法を取っている一冊。学校等にあると良いのでは。子供たちが見つける何かのテーマに対して,博士になって欲しいと言う願いから書かれているとの事,確かに○○を調べてみようと言う書き出しで,各テーマについて解説しているのは良い。
調べ学習のツボとして14項目のコラムも良い。お勧めの一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュージアム・マネージメント


ミュージアム・マネージメント 博物館運営の方法と実践
大堀哲他編
博物館における教育活動をミュージアム・マネージメントの中にしっかりと位置づけてある事がいい。博物館における様々な活動は,教育のために行っていると言っても過言で無い部分が多いと思う。確かに部分的に見れば,資料調査や収集・保存と言った活動は,後世に伝え・残すために行っているもので,教育に利用する事が目的ではないと言う方もいる。だけど,私的には,後の世に伝えると言う行為こそ,教育そのものであるように思う。問題は,その部分をいかに行うかと言う事と,博物館運営としての問題をいかにクリアするかということの間にあるように思う。その部分は,博物館における手法等だけでは解決できない部分であると思うが,それを考えさせる材料を提供する事はできると思う。
チョッと難しく感じる本かもしれないけど,博物館に,特に博物館教育に関心のある人は一度読まれるといいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.11

2005.6.10

空き時間を利用して教務の先生から要望のあったブログを立ち上げる。その名も教務奮闘日記。早速,今日行われたプール開きの様子をアップしていた。今年初めて教務となり,都田に転任されて来たわけだが,夜には不定期だけど,パソコン教室に通い始めたそうだ。ガンバ!o( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)oガンバ!っていう感じ。
来週から滝沢小との授業交流だけど,3年生の社会は予定していたところまで行かず・・・・どうしよう。
5年生の先生に,総合的な学習の時間の活動が,単なる体験活動にならないようにするためにも,外部評価を受ける事を進める。体験を通してどんな力を付けたいのか,どんな学びにしたいのかを今一度,そして早急に整理する必要があることは理解されてきたようだけど,落としどころがピタッと来ないようだ。こんな力を付けたいというのはあるようだが,それと現在の活動との結びつきがうまく行かないようだ。一緒に考えて行きたい。
放課後は,打合せの後,修学旅行原案の検討会。
帰宅後,最近重くなったPCを何とかしようと格闘。ん〜〜〜外付けHDを購入するか,清水の舞台から飛び降りて新PCにするか思案。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.10

2005.6.9

西部教育事務所計画訪問。私は算数の少人数授業を見てもらう。本校の今年の研修テーマである「伝え合い」を意識し,子供たちが意見交換をしながら,深め合ったり,高めあったりできるような力を養いたいと考えるが,そのためには,発表のスキルをもっとあげる必要を感じる。そのため,かなり誘導尋問的に,子供たちの意見をつないでいく事に中心を置いたため。予定していた内容を終われず。泣
中心授業は5年生の体育。ITナビを参考に,マット運動。子供たちには,手本を見ながら演技のコツをつかむために様々な練習の場と共に,保体コンテンツを利用して手本を確認できるようにした。それと共に,DVDレコーダーの追いかけ再生機能を活用し,自分の演技を自分で振り返る事ができるようにした。
それなりに有効に利用されていたと思う。授業反省では,全ての授業でのIT活用が国の目標のひとつになっていることの理解が必要であると改めて思った。しかし,そこに目が向いていない限りは,やらざるを得ない状況が迫ってこない限りは,その事を知る事も無いかもしれない。その時になってあわてなければ良いが・・・。
今日の授業のために,DVDレコーダーを個人購入し備えた授業者の先生には敬服。子供たちも活用すべき場面でおおよそ活用できていたように思うが,それぞれのコンテンツのどこをどう見ればよいのかがまだ未熟だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.6.8

朝からバタバタ。1時間年休をもらい遅れて出勤。放課後模擬授業だったが,私は体育館で明日の体育の公開授業のために,子供たちに手伝ってもらいながら機器の設置とネットワークの配線。使う事が定着していくならば,簡単に利用できるように機器を常備したりハブを設置したりする必要があるかな。
帰宅後,少し読書。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.6.7

6年生社会。行ったり来たりでなかなか進んでいかない。つい地域の遺跡の話や,歴史の四方山話。押さえるべき知識だけ押さえつつも,縄文時代から明治維新まで行ったり来たり。まぁそれだけ歴史はある意味,法則に乗っ取って同じ事を繰り返しているとも言えるけど・・・。放課後,早々に退庁し歯医者。田中先生より電話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.07

2005.6.6

事務所訪問時の授業に向けて,5年生の算数が体育に。急遽できた空き時間を利用して,その授業で利用予定の機器について,簡単に授業者と打合せ。追いかけ再生機能を利用して自分のフォームを確認する事に。問題はどのくらい遅れて再生するようにするかだが,それは授業者の勘に頼るしかないか。
5時間目。5年生総合。何のために行うのかを子供たちに問いかける。こんな力を付けたいという反応は多く出るが,実際に行っている事が何のためにと言う事に関しては,反応が鈍い。意味づけをしてあげる事が必要。
先週依頼のあった,富士市での講演依頼を内諾。正式には校長に依頼をしてくれと言う事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

「考える力」はこうしてつける

「考える力」はこうしてつける
ジェニ・ウィルソン&レスリー・ウィング・ジャン
ISBN4−7948−0628−0
まださらっと読んだだけだけど,これはお勧め本だと思う。
実践とその記録に基づいて,どうすれば振り返りのスキルを養う事ができるのかを解説している。様々なシートや概念図が示されているのも嬉しい。教師自身にもメタティーチングが必要というのにはえらく納得。一部引用

振り返りのスキルや方法を身につけるためには、意味のある学習活動に組み込まれた、継続的かつ繰り返しの練習が必要で、後で思いついたように付け加えられたようなものではだめです。
新評論

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7つの習慣小学校実践記

7つの習慣小学校実践記
渡邉尚久
ISBN4−906638−29−5
あのコヴィーの7つの習慣を小学校で実践したと言う書き出しと、コヴィーがその学校を訪問している写真を見て思わず購入。
7つの習慣を元に,子供たちの中に物差しとなるものをしっかりと育成し,それを体系的に身につけつつ使っていくと言う事には賛成できる。しかし,あまりにもその事にべったりとなりすぎるのはどうであろうか?ひとつの物事にしっかりと寄り添い,ある程度まではそれに基づいて学んでいく事は,成長の過程である意味早道であると思う。しかし,一方で,またそれもひとつの方法であることはしっかりと教えていかなければいけないだろう。
キングベアー出版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育学がわかる事典

教育学がわかる事典
田中智志
ISBN4−534−03581−0
いわゆる事典。教育学に関する用語を様々な文献から解説している。知識の乏しい自分としては役立ちそうと思って購入。しかし,ここに書かれている事も,ひとつの解釈である事を忘れてはいけないだろうな。
日本実業出版社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭がいい人,悪い人の話し方

頭がいい人,悪い人の話し方
樋口祐一
ISBN4−569−63545−8
話し方ひとつで評価されてしまう事は世の中確かに多い。確かに話していてこの人賢いな〜って思うこともある。考えてみればとても恐ろしい事だ。人は話しことによって相手の知的レベルを判断する。そして実はそれ以外に判断のしようが無いのである。この指摘は,とても当たっているように思う。バカな話し方を理解すれば,知的な話し方とはどうすればよいのかが分かり身につくと言う考え方は一理あるように思う。反面教師としてよいかも。
自分にも多々当てはまる事があり\(;゜∇゜)/ヒヤアセモン☆
目次のみ記載。
第1章 あなたの回りのバカ上司−部下から相手にされない話し方
第2章 こんな話し方では、異性が離れていく−だから女性に嫌われる
第3章 絶対に人望が得られない話し方−こんな人とはつき合いたくない
第4章 こんなバカならまだ許せる−この程度ならば被害は無い
PHP新書305

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10倍速く本が読める

10倍速く本が読める
神田昌典監修
ISBN4−89451−195−9
いわゆるフォトリーディングの方法を解説した本。
目的にあった項目を読むという点では,これまでの私の読み方と一緒。でも,1秒1ページは・・・。この解説によると,フォトリーディングは,単なる速読ではなく新しい情報の入力方法と処理方法という提案。某テレフォンショッピングでも確か同じような考え方のソフトを紹介していたような気がするけど、確かに一理ある。できるようになればすごいんだろうけどな。
フォレスト出版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本

最近,ワード・エクセルのサンプルデータ集を数冊購入。それ以外にも何冊か最近読んだ本が溜まっていたので,少しずつアップする事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.6.5

朝からエアーステーションの時間が狂い,その設定を直すのにあたふた。何のことはない,以前にした方法を忘れてしまっていただけなんだけど・・・・なかなか思い出せず,結構時間を取られる。大角指導主事と2年越しの会についてメールをいくつか。何とか定着させ実を取れる会にしていきたい。なんとか論文提出。飲みたい気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バタバタ

従兄弟の結婚式出席(私はしないけど)のため,朝からバタバタ。結局,宅配便の受付に間に合わず(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.6.3

都田小後援会で生徒指導の方針とお願いについてプレゼン。後援会に前後して,話題のガードレールの金属片が浜松市内でも見つかったと言う連絡を受け,急遽,学区内を見回る。1箇所発見した。後援会に来ていた駐在さんと話したら,都田でも5箇所確認したそうである。すでに撤去してくれてあり,ありがたいことだと思った。その後,後援会懇親会。会場の公民館の片づけをして,2次会へという校長たちと別れ帰宅。従兄弟の結婚式に出席のため叔母来浜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.6.2

すこし気分が良くなる。この2日,論文書きが進んでいなかったのでねじり鉢巻。6年生もブログをはじめる。さすが6年生と言う記述もいくつか。でも油断していると・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.6.1

学校にいても胸の辺りがむかむかとする。酒を飲んでいるわけでもないのに嫌な気分。ゼミを欠席し早めに休もうと思うが,やはり吐き気のような感じで寝付けず明け方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.5.31

夜中に吐き気で起きてしまう。って寝たのも夜中だけど(^^;;。それからなかなか寝付けず。明るくなって少しウトウト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »