« 2005.8.1 | トップページ | 2005.8.3 »

2005.08.09

2005.8.2

浜松市情報教育部の研修会。今回は吉野先生@元吉原小を講師に招いて行った。午前中は,吉野先生による模擬授業。午後からは,午前の部を参考に自分たちが2学期に実践する情報モラル実践の授業プラン作り。
今回の研修では,これまでの課題が改めて確認できた事と,新たな課題が明確になったことが収穫か。既存の課題は,今回のような研修を行う時のなんともいえない重たい空気。なぜかいつもこういう空気になるのは,この地域の文化なのかも知れないが,それ以上に,外のセミナーや研修に参加した経験値が足りない事が起因していると思う。自戒も含めて,教師自身の学び方をもっと蓄積する必要を感じた。新しい課題は,講師から出される質問に的確に答えられない事。今年度の浜松市情報教育部のテーマは,体験的な情報モラル実践。市のカリキュラムの作成提案にあるが,情報モラル実践の前に,情報活用の実践力を育成する実践をもっと行い,教師自身の経験値をこれもまた上げる必要を感じた。情報モラルと情報セキュリティの区別が明確でなかったり,モラル実践について質問をされているのに,実践力の育成について答えていたりと,知識量の不足を露呈している場面が多々見られた。教師自身の主体的な学びを期待すると共に,情報教育部としても何か方策を考えなくてはいけないのではと感じた。

|

« 2005.8.1 | トップページ | 2005.8.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21050/5373676

この記事へのトラックバック一覧です: 2005.8.2:

« 2005.8.1 | トップページ | 2005.8.3 »