« 2005年6月19日 - 2005年6月25日 | トップページ | 2005年7月3日 - 2005年7月9日 »

2005.07.01

2005.7.1

今日は浜松市の市制記念日。その日に,周辺12市町村と合併し「新浜松市」となった。市の面積で全国2位。人口は80万となった。太平洋に面した遠州灘から長野県境まで実に広い市域となった。大きくなり,平成19年の政令指定都市目指し,地域の独自性を出していこうと言うのは大変結構な事だと思う。大きくなった分,中身も充実させていきたいものだ。
新浜松市誕生の記念事業として,1時間目は全校で,2時間目は各学級で新しい浜松についての授業を行った。私は3年生に授業。新しく浜松市になった地域の特長について簡単に説明したあと,子供たちにこれからの浜松が,こんな風になって欲しいな,こんなものができたら良いなという夢を描いてもらった。
午後,浜松市社会科研究部資料作成部の会議に出張。ここでも新浜松市域を含めた,3年生向けの資料を作成していく計画を検討。12年度から続けているCD作りを今年度からWeb教材化することも視野に入れて勧める事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.30

2005.6.29

昨日から脇腹が痛かったけど,前に比べて少し痛みが違うような気がしたので,午後から休みをもらって医者へ。レントゲンを2枚。月曜日に聖隷でCT検査することに。CTは初体験。なんていっている場合かな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.28

2005.6.28

1時間目;4年生算数だが,交流授業で4年生はとなりの学校へ行っているため空き時間。貴重な時間だったが,午後の出張準備で終わる。2時間目;2年生研究授業(校内研)。学級活動で「たった一つのいのち」。授業開始早々に「先生にはふたつのいのちがある」との子供のつぶやき。本時のねらいに迫ることができる「つぶやき」だっただけに,拾いたかった。肝心の発問が少々軽く行きすぎたためか,子供の心へうったえるものが少し弱かったかも。本時は,元気に授業に参加するというよりは,落ち着いた雰囲気の中で,じんわりと心に働きかける方が良かったかも。3時間目;5年算数(少人数)。台形・平行四辺形・ひし形のそれぞれの特徴と性質について,フラッシュコンテンツを利用して確認。4時間目;6年社会。かなり遅れているので駆け足でするつもりが,サイパン慰霊の報道に関連して,天皇の力と国を支配すると言う事を,聖武天皇と行基。徳川家康と安堵状の関係を例に話す。
午後は,6部会生徒指導主任連絡会。小学校7校。中学校3校が集まり情報交換。中学ではなかなか難しい問題も表面化しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.6.27

3年算数(少人数):長さの第1時。子供たちに測ってみたいものを出させた後,巻尺をもったりロープを持ったりさせ思いっきり体験的な活動をさせる。次時には,測ってきた数値を発表し合い,そこから長さの学習に入って行きたい。使える知識にするためにも,十分な体験や経験が大事だと思う。4年生は交流授業で隣接小学校へ今週は出かけているので空き時間に。5年算数(少人数):四角形。三角定規や線引きを使って,用紙に四角形をデザイン。その後,NHKのクリップを使って「あるもの」「ないもの」探し。3年社会:市の様子を調べる課題について,調べ方と調べる時に気をつけることを確認。5年総合:都田ダッシュ村へでかけ,草取りと稲の根元を掻く。長靴を履いて入ろうとしたり,長靴である事を理由に田んぼに入ろうとしない子が多かったので,越権かなと思ったけど,はだしで入ることを勧める。都田ダッシュ村での活動を意味のある学習にしていくためにも,十分に土に親しむことも必要。その体験の量が本活動の厚みを作っていると思う。放課後,明日の研究授業者の利用するコンテンツについて準備。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月19日 - 2005年6月25日 | トップページ | 2005年7月3日 - 2005年7月9日 »