« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.25

研究

校内へのアンケート調査について、校長の了承を得る。様々な事柄を動かしだす前に調査したいと思う。PDCAにも役立つはず。
市内情報教育主任へのアンケート調査開始。昨日から続々と送られてくる。どのくらいの回収率になるのかはまだ不明だが、合併後の学校数なので、集計はなかなか大変かな。
科研(奨励研究)の内定通知が届く。科研が通ったのは今回で2回目。嬉しい限り。校長に報告・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このところ

職員の名札作りに時間が取られる。写真入の名札にということなので、名刺作成ソフトを使ってコツコツ作成。学校ではできないので、帰宅後取り組んでいるが、50名以上の名刺作りはなかなか時間がかかる。
今年度の学校ホームページのデザインに悩んでなかなか先に進まない。その間に、情報委員会の子供たちようにブログ立ち上げ。ブログ名のMK通信は、子供が銘々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業

算数は少人数指導であるが、分かれる前に助勤に入ったクラスで、Flashコンテンツを利用して大きな数の読みの練習。パッパッと表示される大きな数の読みの練習に子供たちは嬉々として取り組んでいた。
図工では、教科書の写真を実物投影機で大写しにしながら今年取り組むことを概観。子供たちは実物投影機を利用しての授業は始めて。次の授業からは我先にと機器の準備に取り組んでいた。
今日は集めてきた材料を利用して作品作り。じっくりと材料を眺め、創造。自分の材料へのこだわりが分かる○○物語というお話が語れる作品にしようということで、作業開始。
社会では、3年生は、調べてゴーを視聴しながら調べる際のマナーと方法を学習。校区の自慢を探す学習の前に、自慢できることとはどんなことかを話し合う。
4年生では、各家庭のゴミ調べを進めている間に、学校近辺のゴミ集積所を見学。収集の様子も合わせて見学。撮影してきた写真や調査メモをみんなで見ながら、どんなところを撮影すればよいのか、どんな風にメモを取ればよいのかを確認。ゴミ出しの様子から問題点とそれがなぜ起こるのかを話し合い、予想を立てる。
体育は、タグラクビー。これまでは体育館で行っていたようだが、運動場で。子供たちは転んで擦り傷を作っても楽しそうに活動している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報主任は・・・

校内ヘルプデスク。情報主任=PCに強い人。情報=PCという見方が一般的になっているのだなと改めて感じる。情報主任は、マクロを組む事ができる人と思われているようで・・・・困ったもんだ。マクロなんてさっぱり分からんのに。流通しているものを利用すればいいと思うのだが・・・教員の仕事は?って。私のこともコンピュータに強い人。得意な人と伝わっているようだ。ん~~~~。得意なことは違うんだけどね。PCはあくまで道具で、教具で、それを目いっぱい利用し子供たちに力をつけたいとは思っているけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大丈夫だろうか

新年度が始まって2週間が過ぎてやっと時間割編成。
新採もいるし結構若手もいるのに、教材研究は大丈夫?子供たちはすでにスタートを切っているのに、授業はどうしているのだろうって感じ。
18日からやっと自分の出入りの授業が始まる。教員生活20数年でこんなに時間割編成が遅いのは始めて。
今年度の浜松の教育について校長先生より職員に伝達。基礎基本の徹底を根幹において進めていくのは基本的には昨年度と同様。基本方針の中には、情報教育の情の字も、IT活用授業力のIの字も、もちろん見当たらない。大丈夫?
現在の、日本の国家目標は?それを受けての国の教育目標は?
子供たちが自立しなければならない10年後20年後を考えたとき、今、子供たちに養わなければいけない力が偏ってはいけない。
自分は、縁あって全国の情報教育実践者やIT活用授業実践者の方々と話をする機会を得るときがあるが、そのような方たちとの会では、具体物を利用しての授業や、体験が否定されることはない。むしろ子供たちに力をつける上で、重要なこととして、いかに効果的に、効率的に行うかを熱く議論される。しかし、IT活用授業や情報教育実践の経験が少なかったり、無かったりする先生方の会に参加すると、ITの利用や情報教育が否定されることが多い。
それでいてバランス良くという。なんか変。
公立の教育機関が、国の方針や方向性に沿わず教育を行っていってよいものだろうか?地方の独自性で済まされる話なのだろうか?少なくとも、現状は、それで済まされる話になってはいる。でもいいのだろうかと疑問が膨らむばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.4.25

久しぶりの更新で日付はとても追えないので、覚えている限りのことを綴ってみる。
本当は、ここで吐き出したいこともあるけど、まぁ流れのままにということで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.05

2006.4.5

入学式準備。159名の新1年生を迎えるというのはなかなか大変。会場の体育館にも椅子がいっぱい。足りない配布物も多少あり少々バタバタ。午後は学級事務。マクロを組んでほしいような依頼が少々。情報の担当ってマクロを組んでシートや名簿を作る人って感があるようだ。転任されてきた先生からもあるということは、そういう目が出来上がってしまっているということ???情報担当者もそれができることに満足してしまっているのかも。進まない、広がらないわけはそのあたりか。今だ持って時間割編成が行われないのはどういうこと?って感じ。明日は入学式・始業式なのにいいのだろうか?新年度がスタートするというのに、自分がどの授業を担当するのかわかっていなくて準備は大丈夫なのだろうかと思う。新採者も数名いるのに教材研究は???そのことに誰も疑問に思ったり催促しないのだ最大の問題かも。いずれにしても、明日から子供たちはやってくる。午後、鈴木教育ソフトが来校。メール連絡網について教務と相談しているのに少し首を突っ込む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.04

2006.4.4

午前中は、平成18年度の教育計画と校内研修についての説明を聞く。実際の様子を見ていないのでなんとも言えないが、研修は年間9回。いいのかなぁ。午後は学級事務。各担任は名簿作りや新年度の準備という感じだが、マクロが壊れた名簿の修正に時間を取られ、あちらこちらの学年にHELPに呼ばれる。いいのかなぁ。新入生への配布物を用意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.03

2006.4.3

浜松市立瑞穂小学校に着任。情報担当、担任外。今日は第1回の職員会議と学年会。久しぶりにドリル等を各クラスに配布。校内サーバーを少し拝見。改良の余地がかなりかな。研修等については明日説明があるらしい。分掌的にも研推からも外れ情報以外はほとんどないので、機器のメンテナンスやマクロの修正などヘルプを主にしていれば良いらしい。マクロなど自分では組んだことがないのに・・・果たしてそれでよいのかという感はあるが、これまでの情報担当はそれに奔走していたらしい。それで情報担当はフリーにと言う意見が多かったらしいが・・・。校内研修等の説明は明日の第2回職員会議で。職員数が40名を越え、元気な人が多いので職員室には活気があり、校務の進め方もそれなりにシステム化はされていた。もう少し効率的になるように提案をしていきたい。昨日購入したネタの種2を早速使ってみる。一緒に購入した、アイデアマスターを早く使いたいが、考えていた授業での活用は明日の時間割編成を見てみないとわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.01

2006.4.1

今日から新年度がスタート。たまたま今年度は土日なので、3日から新任校へ。しかし、新年度体制がわかっていないのは、その準備に取り掛かれずという感じでよいのだろうかと思う。他地域では、前年度中に新年度の文書を配布し準備を始めているというのに、スタートで何歩も遅れた感はぬぐえない。これでよいのだろうかと常々思っているが、新年度になってからが当たり前な中にいるとなかなかそれは通じない。
末娘の入学準備に奔走。財布が空っぽに。次女が一日遅れで名古屋に移動。何も挨拶をせずに出かけていったことに苦言。新任校に出す書類を作成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »