« 2006.4.25 | トップページ | 情報主任は・・・ »

2006.04.25

大丈夫だろうか

新年度が始まって2週間が過ぎてやっと時間割編成。
新採もいるし結構若手もいるのに、教材研究は大丈夫?子供たちはすでにスタートを切っているのに、授業はどうしているのだろうって感じ。
18日からやっと自分の出入りの授業が始まる。教員生活20数年でこんなに時間割編成が遅いのは始めて。
今年度の浜松の教育について校長先生より職員に伝達。基礎基本の徹底を根幹において進めていくのは基本的には昨年度と同様。基本方針の中には、情報教育の情の字も、IT活用授業力のIの字も、もちろん見当たらない。大丈夫?
現在の、日本の国家目標は?それを受けての国の教育目標は?
子供たちが自立しなければならない10年後20年後を考えたとき、今、子供たちに養わなければいけない力が偏ってはいけない。
自分は、縁あって全国の情報教育実践者やIT活用授業実践者の方々と話をする機会を得るときがあるが、そのような方たちとの会では、具体物を利用しての授業や、体験が否定されることはない。むしろ子供たちに力をつける上で、重要なこととして、いかに効果的に、効率的に行うかを熱く議論される。しかし、IT活用授業や情報教育実践の経験が少なかったり、無かったりする先生方の会に参加すると、ITの利用や情報教育が否定されることが多い。
それでいてバランス良くという。なんか変。
公立の教育機関が、国の方針や方向性に沿わず教育を行っていってよいものだろうか?地方の独自性で済まされる話なのだろうか?少なくとも、現状は、それで済まされる話になってはいる。でもいいのだろうかと疑問が膨らむばかり。

|

« 2006.4.25 | トップページ | 情報主任は・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21050/9764889

この記事へのトラックバック一覧です: 大丈夫だろうか:

« 2006.4.25 | トップページ | 情報主任は・・・ »