« アンケート | トップページ | 運動会 »

2006.05.28

少しずつ

瑞穂小学校に配備されているIT機器は市内の標準的な数量だといえる。ただし学校規模が大きいほうなので各教室で毎時間の利用ということを前提に考えると完全に足りない。ほぼ他の学校でも抱えている環境整備の問題と同じような問題を持っていると思われる。
これまで機器は分散配置をしつつも管理の考えが中心でしっかりとしまわれてきた。そのためマグネットスクリーン以外の機器は良い状態で管理されている。先生方の活動を観察すると、授業の教具として利用している様子はあまり見られないが、デジタルカメラは記録等のために利用されている。アンケート調査の属性の結果とは少々ずれがあるように感じるが、アンケート項目で大切と指摘している点を実践者の指摘と比較すると経験の不足が見えてくる。身近な先生(自分の担当学年)の授業相談にのる中から少しずつ広め、その意味付け等を情報通信で行うことによって全体化を図って行きたい。そして機会を捉えてカリキュラムの提示や全体への話をしたいと考える。
そんな方向性の中でこの1ヶ月を振り返る。

校内でのはじめての授業研究。
今回は国語科の説明文。実物投影機を利用して子供のノートやワークシートを全体に提示し、考えの共有や他の子の参考になるように利用を考えた
Dsc00280_1Dsc00283Dsc00291_1


全職員の前で利用の場面を提示できたことは大きかったように思う。

職員室の様子。
これまでは毎日、PC保管庫にしまって退庁することとなっていたが、改めて総務課に確認し普段は常に机上に置き、日々の校務処理にPCを活用。これまでも文書作成等で利用はされていたが、PC室等の利用予約もPCで行うようにし、校内用掲示板での連絡事項の確認の徹底をはかり、先生方がネットワークに触れる機会を増やして行きたい。Dsc00312

校内研修
授業の事後研をWS的に行うことに挑戦。これまでも付箋紙に授業の感想等を書いてはいたようだが、それは研修主任が一括して回収し整理していたようなので、グループごとに模造紙に張りながらカテゴライズして授業の課題等を捉えていくのが良いのではと提案。
校内的には始めての形式の研修会であったし、先生方もこのような方法はほとんど経験が無かったようだが、割とスムーズにできた感はある。キーワードを出す。ショップの持ち方。キーワードを書く投げかけ等課題も多いが、先生方が経験値を上げていくことが大事という観点からすると良かったかもしれない。先生方の反応も良好だった。Dsc00293
Dsc00297
Dsc00302


第1回のアンケートの結果は後日。

|

« アンケート | トップページ | 運動会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少しずつ:

« アンケート | トップページ | 運動会 »