« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月27日 - 2006年9月2日 »

2006.08.26

研修と研究

最近時々,校内でも研修と研究の違いのようなことを聞かれるときがある。しっかり定義を調べたわけではないが,自分の中では,簡単に言ってしまえば,個人の中で,個人のためにすればよいのが研修で,他者の役に立つようにまで,質を高め,一般化されたものが研究といったような説明をする。つまり自己研鑽のために(修養)行うものが研修。もちろん他者と互いに切磋琢磨することが大事ではある。一方,研修してきた事柄や自分の関心から調査したり実験したりして明らかにしたことの中で,他者にも役立ちあるいは他者にも利用してもらったほうが良いような内容を,他者にしっかり伝わるように整理しまとめていくことが,研究。といえるような気がする。研究には,個人的な思いなどといった感情をできるだけ入れないほうが良いと思うが,研究のきっかけや研究を推し進めるパワーは,完全に個人的な感情がスタートとなっていることが多いだけに,混同しやすい。
深く考えていると,いまだに混乱する。それだけにクールに見ることも必要だし時間を置いてみることも必要。その辺の区別がつかなくなってくると,研究者の方々に迷惑をかけることになる。せっかく指導していただいているのに様子を見ていると心配になるときがあるだけに,自分も気をつけなくてはとおもう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

工学会論文

協議会の論文と平行して指導していただいた部分を自分なりに修正し,MLに投稿。協議会に比べ少ない紙面で伝えなくてはいけない難しさを今まで以上に痛感した感じ。しかも,毎年の事ながら,研究的なことに触れるようになった当初にお聞きした,協議会は80点でも工学会は100点満点でなくてはいけないという話が思い出され,それなりにプレッシャー(汗)。現場の教員にとっては,研究的に物を見たり,研究としてまとめたりということは,せいぜい学校の研究紀要や研究発表会に向けての取り組みくらいで,学会でのあるいは研究者にとっての研究とはそもそも違う次元のものであることがなかなか認識できない。ここ数年(っていっても自分が参加するようになってせいぜい5年ですが・・・)の学会の発表を聞いていても,なんか質が違うなと感じるときがある。発表論文をしっかり仕上げるとともに,工学会であることをしっかり意識して協議会的な発表にならないように仕上げて行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.24

MK通信

勤務校の情報委員会の6年生が綴っているブログ。今日出勤していた6年生の先生へ修学旅行での活用のしかたのついて紹介。子供たちの活動の様子を家庭に知らせるひとつの方法としてぜひ利用してもらいたいものだ。最近は,一部の担任の先生もコメントや記事を投稿してくれるようになり,子供たちとのコミュニケーション手段の一つにもなってきているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日直当番

夏休み2回目の日直当番。電話番をしながら指導案の作成と論文修正をしようと思って出勤したが,予定していたものはまったくでず(泣)。正規の出勤者は3名とごくわずかだったが,自主出勤の先生方の仕事の手伝いで終わってしまった。中心授業者の図工の指導案作成の相談に関しては,ITナビの実践を紹介。その際に,自分ならばという授業プランも一緒に。喜んでくれているようだったからまずはよしとしよう。CR-ROMのラベル印刷も無事終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月27日 - 2006年9月2日 »