« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »

2006.09.02

文科省報道発表

他の先生方のブログでも紹介されているが,文科省が8月末の報道発表で「情報教育に係る学習活動の具体的展開について-ICT時代の子どもたちのために、すべての教科で情報教育を-」が発表される。概要を印刷し研修主任に。文科省の発表資料が現場でももう少し読まれるようにならないといけないだろう。現場での教育活動に反映しなければいけないととらえる方はまだまだ少ないようだが,そうしないとと言う縛りのようなものもそろそろ必要かも。学校評価・教員評価がいよいよ具体的になりそうなだけに,そうなってからあわてないように,意識改革はできないだろうけど,アンテナだけは錆びないようにしないといけないだろうし,自分の周囲というかかかわりのある先生方には,そういうアンテナが伸びてくるような刺激を提供していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2日目

9月1日。例年ならば2学期始業式。しかし今年は,2日目。今日は防災の日でもあるので,大雨の中,11時から引き渡し訓練。あくまでも訓練だが,非常時を想定し,どのように引き渡すのか,何を守りどのように運営するのかをしっかりと確認しながら行うことが肝要。学校側は,親が引き取りにこれないときにどのように対処するのか,どのように引き渡し相手を確認するのかが大切。午後は,3年生の先生方にWebページ作成研修。指導案を作成しなければいけないが,やっとどの授業を行うかが決まった段階。しかし音楽発表会の練習で授業日までに何時間できるのかが不明の中でなかなか手につかない。夜,論文最終チェックをしているうちに床で爆睡(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2回目

おととい長女が,昨日次女が2回目の帰省。また家族がそろうことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2学期

例年よりも1日早く2学期始業式。すっかり忘れてしまっていたのか,登校していない子がチラホラ。朝の恒例,登校していない子に電話連絡。髪の毛の色が変わっていたり,メッシュになっていたりしていた子がいたのには驚いた。午後からは職員会議。1学期末の反省で職員会議の運営についての意見を書いたが,協議事項と連絡事項の区別をはっきりして効率的な運営をということを確認して議事進行。反省に基づいて改善していこうというのは良いこと。協議事項は,何を協議してほしいのか,どういう考えで提案しているのか明確にすれば,活発な協議も可能となる。連絡事項は,簡単に言えば提案者が,こうしたいのでよろしく的なもので良いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.30

一日早く

今年度は明日から2学期。昨年度までは9月1日からであったが1日は防災訓練があるため,一日早く始業式を行うというのがその理由。夏休みに入るのも1週間遅かったので,なんかあっという間の夏休み。以前テレビで人間は,しっかりとした仕事を行うためには3ヶ月の休みが必要との内容の番組を見たことがある。ドイツなど海外の企業では,科学的に裏づけされたその理論に基づいて,3ヶ月休暇を取り入れているところが多いそうだ。それにあわせ学校もそうなっているところが多いようだが,日本がそうなることはまず無いだろうな~。某学年のが懇談時に,夏休みの入るのが遅く,2学期の始業が早いので,そんなに勉強ができないのかと質問したそうだが,そうとられているのは,なんか・・・・・という感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.28

指導案

2学期早々に提出の指導案を思案。訪問の授業でしかも中心授業ではないので,チラッと見られるだけだが,どんな学習形態の授業にするか悩む。WSによる研修が未経験であったように,少し刺激になるようなものをねらいたいが,奇をてらいすぎるのも良くないだろう。さて・・・・どんなものにするかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それぞれに

昨日,千尋が名古屋に戻った。先週,絢子が東京に戻った。今回の帰省中にはほとんど二人とは話ができなかったが,それぞれに無事に進んでいるようだ。慧は,まだ進路に迷いがあるようだが,自分のやりたいことをしっかり見つめてほしい。喬子ももう少し回りのことが考えられるようになるといいのだが,末っ子で甘やかしすぎたか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »