« お受験 | トップページ | セカンドカー? »

2007.02.13

術後

今回の手術は間接鏡手術による変形性関節症の治療ということ。間接内の軟骨がささくれ立ったように繊維質になって浮遊していたり,塊になっていたりするものをきれいにした。傷自体も2箇所小さな傷がある程度で,そもそもの原因となっていたじん帯の再建術での移植した傷(44針)に比べればたいしたことは無い。しかし,階段の上り下りや歩行時の膝の向きとつま先の向きの矯正の必要があるようだ。気になるのは,まったく覚えが無いので,全身麻酔での手術中に行われたのだと思うが,背中の腰椎部分にもテープが張られていること。いったい何をしたの??って感じ。

|

« お受験 | トップページ | セカンドカー? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お受験 | トップページ | セカンドカー? »