« 訪問 | トップページ | ブログ »

2007.06.09

様々な

様々な問題を抱えている子どもたちがいる。ひとりひとりの児童理解を十分に行うことはとても重要。その上で,どう接するか。その子にとってどう接することが最善なのか。なかなか難しい。最善を目指しても,せいぜいよりよい接し方ができたかどうかというレベルだとは思うが,常に最善を目指さなければいけない。その上で,やさしさとはといつも問いかけていたい。やさしさ=甘やかしでは決してない。

|

« 訪問 | トップページ | ブログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 訪問 | トップページ | ブログ »