2005.06.12

「調べ学習」のヒント

博物館 科学館からはじまる 「調べ学習」のヒント
講談社編
予想される子供たちの「調べ」に対する解答を,各地の博物館等が答えるという方法を取っている一冊。学校等にあると良いのでは。子供たちが見つける何かのテーマに対して,博士になって欲しいと言う願いから書かれているとの事,確かに○○を調べてみようと言う書き出しで,各テーマについて解説しているのは良い。
調べ学習のツボとして14項目のコラムも良い。お勧めの一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュージアム・マネージメント


ミュージアム・マネージメント 博物館運営の方法と実践
大堀哲他編
博物館における教育活動をミュージアム・マネージメントの中にしっかりと位置づけてある事がいい。博物館における様々な活動は,教育のために行っていると言っても過言で無い部分が多いと思う。確かに部分的に見れば,資料調査や収集・保存と言った活動は,後世に伝え・残すために行っているもので,教育に利用する事が目的ではないと言う方もいる。だけど,私的には,後の世に伝えると言う行為こそ,教育そのものであるように思う。問題は,その部分をいかに行うかと言う事と,博物館運営としての問題をいかにクリアするかということの間にあるように思う。その部分は,博物館における手法等だけでは解決できない部分であると思うが,それを考えさせる材料を提供する事はできると思う。
チョッと難しく感じる本かもしれないけど,博物館に,特に博物館教育に関心のある人は一度読まれるといいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

「考える力」はこうしてつける

「考える力」はこうしてつける
ジェニ・ウィルソン&レスリー・ウィング・ジャン
ISBN4−7948−0628−0
まださらっと読んだだけだけど,これはお勧め本だと思う。
実践とその記録に基づいて,どうすれば振り返りのスキルを養う事ができるのかを解説している。様々なシートや概念図が示されているのも嬉しい。教師自身にもメタティーチングが必要というのにはえらく納得。一部引用

振り返りのスキルや方法を身につけるためには、意味のある学習活動に組み込まれた、継続的かつ繰り返しの練習が必要で、後で思いついたように付け加えられたようなものではだめです。
新評論

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7つの習慣小学校実践記

7つの習慣小学校実践記
渡邉尚久
ISBN4−906638−29−5
あのコヴィーの7つの習慣を小学校で実践したと言う書き出しと、コヴィーがその学校を訪問している写真を見て思わず購入。
7つの習慣を元に,子供たちの中に物差しとなるものをしっかりと育成し,それを体系的に身につけつつ使っていくと言う事には賛成できる。しかし,あまりにもその事にべったりとなりすぎるのはどうであろうか?ひとつの物事にしっかりと寄り添い,ある程度まではそれに基づいて学んでいく事は,成長の過程である意味早道であると思う。しかし,一方で,またそれもひとつの方法であることはしっかりと教えていかなければいけないだろう。
キングベアー出版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育学がわかる事典

教育学がわかる事典
田中智志
ISBN4−534−03581−0
いわゆる事典。教育学に関する用語を様々な文献から解説している。知識の乏しい自分としては役立ちそうと思って購入。しかし,ここに書かれている事も,ひとつの解釈である事を忘れてはいけないだろうな。
日本実業出版社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭がいい人,悪い人の話し方

頭がいい人,悪い人の話し方
樋口祐一
ISBN4−569−63545−8
話し方ひとつで評価されてしまう事は世の中確かに多い。確かに話していてこの人賢いな〜って思うこともある。考えてみればとても恐ろしい事だ。人は話しことによって相手の知的レベルを判断する。そして実はそれ以外に判断のしようが無いのである。この指摘は,とても当たっているように思う。バカな話し方を理解すれば,知的な話し方とはどうすればよいのかが分かり身につくと言う考え方は一理あるように思う。反面教師としてよいかも。
自分にも多々当てはまる事があり\(;゜∇゜)/ヒヤアセモン☆
目次のみ記載。
第1章 あなたの回りのバカ上司−部下から相手にされない話し方
第2章 こんな話し方では、異性が離れていく−だから女性に嫌われる
第3章 絶対に人望が得られない話し方−こんな人とはつき合いたくない
第4章 こんなバカならまだ許せる−この程度ならば被害は無い
PHP新書305

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10倍速く本が読める

10倍速く本が読める
神田昌典監修
ISBN4−89451−195−9
いわゆるフォトリーディングの方法を解説した本。
目的にあった項目を読むという点では,これまでの私の読み方と一緒。でも,1秒1ページは・・・。この解説によると,フォトリーディングは,単なる速読ではなく新しい情報の入力方法と処理方法という提案。某テレフォンショッピングでも確か同じような考え方のソフトを紹介していたような気がするけど、確かに一理ある。できるようになればすごいんだろうけどな。
フォレスト出版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本

最近,ワード・エクセルのサンプルデータ集を数冊購入。それ以外にも何冊か最近読んだ本が溜まっていたので,少しずつアップする事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.21

「図解表現」の基本

前書きにあったコンセプトが気に入って購入。図解表現の意味や気をつけること・ポイントが項目的に書かれているので読むというよりは,普段は眺めていて必要な時に辞書のように引くと言う感じ。図解表現の場合,理論が実践の足かせになってはいけない。そのくらいに自由に自分の考えを図解表現することが大事。これまで何気なく使っていた表現が実は一般的には違う意味を示していたと言うこともあり参考になった。

| | コメント (0)

2004.11.06

おどろき発見!社会科探検隊

北先生編著の教育技術「教え方図解シリーズ」。教え方がすぐ分かる,担任必携となっていたが,子供たちに読ませたい。そのまま,調べ方,探検に出かける前の準備の参考書になる。書きぶりも教師向けと言うよりも子供に呼びかけているような感じ。これが教え方が分かる担任必携と言うことになると,現在の教師のレベルはそんなところと言うことか・・・

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

日記 | 研修 | 研修会 | 研究 | 読書 | 都田小