2005.07.26

休校

台風7号の接近で暴風雨警報発令。本日は休校。今日予定していた1学期の終業式は明日に延期。
まだ1学期が終了しない地域ってほかにあるのだろうか?
午前中,明日の予定について2年生へ連絡網を回す。その後,教頭先生の発表の内容について質問に答えたり,たまたま来校した保護者から子供の自由研究テーマについての相談に答えたりする。
午後から年休をもらい論文書き。
どうも上手く考察がまとまらない感じだったので,データの結果のまとめ方を変える事に。そのため,また最初から書きなおす。
何とか論理検討シートに書き込み送付。ご指導待ち。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.05

2005.6.3

都田小後援会で生徒指導の方針とお願いについてプレゼン。後援会に前後して,話題のガードレールの金属片が浜松市内でも見つかったと言う連絡を受け,急遽,学区内を見回る。1箇所発見した。後援会に来ていた駐在さんと話したら,都田でも5箇所確認したそうである。すでに撤去してくれてあり,ありがたいことだと思った。その後,後援会懇親会。会場の公民館の片づけをして,2次会へという校長たちと別れ帰宅。従兄弟の結婚式に出席のため叔母来浜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.24

都田ダッシュ村

今年の都田ダッシュ村では,すでに米作りが始まっている。その様子を発信しながら,子供たちの書く力も養いたいと言う事で,「こちら都田ダッシュ村」と言うブログを今月はじめから立ち上げた。子供たちのために,新しいドメインも取ったりして・・・。ブログだけに限らずWebスペースもあるから利用してね。
このブログでは,子供たち以外にも,担任や保護者も記事を投稿出来るようにしてある。その保護者から(多分),初コメント。嬉しい限りである。地域の人や保護者と一緒に育てていく事ができると良いなと思う。
そのためにも,何のために都田ダッシュ村に取り組むのか,もう少し明確にして意識化する必要があるんじゃないかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.23

研推

放課後,研究推進委員会で次回の校内研の授業案検討。次回は5年生の体育科。マット運動の研究授業。ちょっと抽象的な記述の部分が多くて,体育が専科でない教員にとっては,授業を見る視点が学び方や学習形態からの参観になってしまうのではと指摘。教師が押さえる,この授業で取り組む技のポイントや子供たちが練習に取り組む際に抑えさせたい視点等を示した方が,それに対する支援や子供たちの学び合いがどうであったという検討協議ができるのではないかと意見した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.20

ブログ

5年生の「こちら都田ダッシュ村」に続けと言う感じで,6年生もブログを立ち上げるようだ。って昨日,担任に頼まれてブログを登録した。今日くらいには立ち上げる事ができるかな?
担任レベルでは,少しずつ変わってきていると思うけど・・・・だな。
水曜日に教育委員会へ行った際に,指導課の担当指導主事より,懸案となっていた,現場のメンバーを加えた,教育ネットワーク運営について意見交換をする会が,やっと動き出すようだ。第1回の会合は6月中旬との事。合併を控え,浜北の指導主事も一緒に加わる事に。指導課・総務課・センター・学校現場のメンバーが同じテーブルに着くことは意味が大きいと思う。莫大な税金が投入されているのだから,子供たちのために,しっかりと利用できる形にしたい。また,上層部にも正しく理解を求めたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.10

ブログ

都田小の今年度の5年生が,今年も都田ダッシュ村に挑戦!今年度は,伝え合う力の育成を目指して取り組むとのこと。そのためには,まず,しっかりと伝える事ができなければ,伝え合うという場面も生まれてこないし,伝えている事をしっかりと聞き取ったり,見取ったりする力が無ければ,互いに伝え合い学習を深めたり高めたりする事はできない。
都田ダッシュ村には,すでにライブカメラもセンサーも無いが,そんな活動を支援するために,ブログを立ち上げた。すでに子供たちからの自己紹介は終了。さてどんな発信が行われるのか。それによって,子供たちの書きぶりがどのように変化するのかが楽しみ。この活動を通して,系統的指導の必要感が高まってくれるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.14

授業

何とか終了と言う感じかな。子供たちは,ビデオクリップを見て,その地形を観察していた。等高線と言う意識はまったく無いと言っていい感じであったが,地形を形としてとらえとらえているのはいい足がかりではなかったかと思う。地図と比較し,どの地図にビデオがあたるのかと言う段階になると,地図上に示されている記号や,地名などを頼りに一致点を見出そうとしてる子がほとんどであった。これは,表面的な情報から判断をしようとしているのではないかと感じた。平面に示されている情報から,3次元的なイメージをなかなかもてないと言うことだろう。その訓練は,ネットや図書で情報を収集し,課題を見つけていくためには,必要な訓練ではないかと思った。事後研では,古橋君が司会だったので,時間配分・コンテンツの使い方・この先に目指す養うべき力と言う視点で協議した。子供たちの実態からすると,4つのコンテンツを利用するのではなく,例えば富士山のように典型的な等高線が示されているコンテンツなどに絞って,等高線と視覚的に表れる地形とを結び付ける作業を行った方が,今後,県内の各地の特色を調べる時に,その場所での産業の特色を述べる際に良いヒントになるかもしれない。

| | コメント (2)

2005.01.11

指導案検討

明日の授業の指導案検討。社会科の県内の学習に入る前に地図の慣れ親しみ,平面情報としての地図から,その地域の地形をイメージし,地形の特色やそれがその地域の産業とどう影響し,関係しているのかを考えやすくすることをねらってと思っているのだが・・・・指導案検討で付いてくるコメントは,本時に関することではなく,その先の単元で学ぶ学習内容とどう関連づくのか,この単元では,静岡県の各地の産業を学ぶのではないかと言うことばかり。最初は説明したが,産業の特色を学ぶことと,その地域の気候や地形の特色を学ぶことがなかなか結び付かないようなので,単独単元に変更。1時間のみの単元として示すことに。こういう小単元と,社会科で学習する内容との結びつきを図っていくことが,子供たちに学習のスキルを養うことになると思うのだが。。。。

| | コメント (2)

2005.01.05

明日から新学期

17年度の校内研修案を何とか完成。明日の研推は研修主任が不在だが,たたき台として提案することになるかも。夕方,研修主任の義父の通夜。明日までにやっておこうと思った冬休みの自分の宿題は達成度6割と言うところか。思ったよりも研修案にてこずった。

| | コメント (0)

2005.01.03

平成17年度都田小校内研修(案)

私は現在の研修主任でも何でも無いのだが,なぜか私がたたき台を作成することに・・・・なぜ?って私が作るって言ったんだけど・・・。教育目標はトップダウン。目指す児童像は,日々努力と良く分からない児童像。研修主任の要望は,伝えるをやりたいという漠然としたもの・・・それらを何とかつないだつもりだけど,こじ付けみたいになっちゃったかな?ご意見をいただけるとありがたい。校内研修案はここ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

日記 | 研修 | 研修会 | 研究 | 読書 | 都田小